歯周病について

突然ですが、皆さん、3歳以上の犬で歯周病にかかっている子の割合はどのくらいか知っていますか?

軽症の子も含めると、なんと約80%の子がかかっている可能性があると言われています。

犬や猫の口腔内はアルカリ性であるため、歯垢が歯石になりやすく、3~5日で歯石に変化してしまいます。歯石があることで歯垢が付きやすくなり、さらに歯周病が助長されてしまいます。

また、歯周病は口腔内の問題だけではありません!歯周病が進行すると、歯槽骨や顎の骨の吸収が進み、歯が抜けてしまうだけではなく、あごの骨が骨折するリスクもあがります。

さらに歯周病は心筋や腎臓、肝臓などの全身疾患へ影響を及ぼす可能性があります。

そのため、歯周病予防のためにも日々のデンタルケアはとても大切です😊

<歯周病の観察ポイント!>

〇口腔内の変化

・歯肉が赤い

・歯肉がはれている

・歯肉から出血しやすい

・歯がぐらぐらしている

・歯石が付着している

・歯肉に穴が開いている(内歯瘻)

〇口腔内の変化

・頬がはれている

・よだれが付着している(口周り・前肢)

・口周りの皮膚に皮膚炎が見られる

・口腔外の皮膚から、血液や浸出液が見られる(外歯瘻)

何か気になる症状があれば、是非当院へお越しください!

おうちでできるデンタルケアの方法も今度紹介していきたいと思います🐶

ガルファー GALFAR カット シャンプー トリミング 宮城県 仙台市 太白区 犬猫専門  動物病院

関連記事

  1. 今日のガルファー日記!!

  2. ガルファー日記!!

  3. ワンちゃんのお手入れについて♪♪

  4. 歯みがき

  5. 子ネコの里親募集!!

  6. 4月30日トリミング♪♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP